MENU

CLOSE

認定制度

認定ネイルサロン制度

安全、安心なネイルサロンを認定 ― JNA認定ネイルサロン制度 ―

JNAでは、これまで“登録ネイルサロン制度”を設け、一定の基準を満たしたサロンを登録して来ました。

これまでの規定に加えて、衛生管理やコンプライアンスなど、さらに高いレベルでお客様に信頼していただける、安全で安心なサロンであることを示す基準として“JNA認定ネイルサロン制度”を設けました。

JNA認定ネイルサロンの条件

JNA認定ネイルサロンとして認められるためには、以下の条件をすべて満たしていることが必要です


1 開設者(代表者)がJNA正会員

開設者もしくは代表者がJNA個人正会員または法人正会員であること


2 衛生管理自主基準の遵守

JNAが定めた「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を遵守していること


3 衛生管理責任者の配置

衛生管理責任者として「ネイルサロン衛生管理士」資格取得者を1店舗に1名配置すること


4 技術管理者と技術責任者の配置

JNAが定める技術管理者を1店舗に1名配置すること。

1)JNA認定講師資格を持っている者
(1名が最大10店舗まで技術管理を行うことができる)

2)JNA技術管理者資格を持っている者
(1名が1店舗のみ技術管理を行うことができる)

※「JNA技術管理者資格」については左のバナーを参照のこと

技術責任者として1級取得者を1店舗に1名配置すること



5 法令遵守

医師法、薬事法、美容師法、特定商取引法などの消費者保護に関する法律、個人情報の保護に関する法律など関連する法令を遵守する



6 賠償責任保険の加入

会員様向けネイルサロン賠償補償制度のご案内

まさかの事故に対応できる賠償責任保険に加入していること

JNAでは会員様向けにネイルサロンでのリスクに合わせて設計した賠償補償制度をご用意しています。