MENU

CLOSE

検定試験・資格制度

JNA国際ネイリスト技能検定試験

JNA国際ネイリスト技能検定試験とは

NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)は、ネイル産業の健全な発展を促すため1997年に「ネイリスト技能検定試験」を始めました。同試験は、2008年よりJNAとは独立した機関へ委譲されましたが、これまでに約70万人が受験しており、日本のネイルの資格として最も歴史と実績を持つ検定試験です。この度、JNAは、世界のネイリストの正しい技術と知識の向上、そして国際的なネイル技能の平準化を目的として、新たに「JNA国際ネイリスト技能検定試験(英文:INTERNATIONAL NAILIST EXAMINATION)」を行います。

試験要項

試験内容

ネイリストのベーシックのマスター。
ネイルケア、ネイルアートを施術するために必要な基本的な技術と知識の取得。


合格基準

実技試験は50点満点のうち38点以上、筆記試験は100点満点のうち80点以上で合格とします。



実技試験

事前審査[10分]テーブルセッティング、消毒管理、モデルの爪の状態

試験時間[70分]ネイルケア、カラーリング、ネイルアート



筆記試験

試験時間[30分]出題形式:択ー問題・マークシート

出題内容:ネイルケアに関する基礎知識 衛生と消毒/爪の構造(皮膚科学)/爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)/ネイルケアの手順 等

お問い合わせ先

NPO法人 日本ネイリスト協会

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル5F
TEL.03-3500-1580 FAX.03-3500-1608
10:00~18:00(土日祝休業)