MENU

CLOSE

教材・書籍

ネイル白書

ネイル産業の”今”を知る!「ネイル白書2020」

NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が2008年に初めて発刊したネイルマーケットリポート「ネイル白書」。第6号となる「ネイル白書2020」が発刊されました。「ネイル白書」には、ネイル産業に関わる方たちにとって最新の動向を把握するための指針として役立つデータが網羅されています。ネイル産業の市場規模の推移やネイルサロン、消費者の動向など、ネイルビジネスの「今」が解る一冊です。

ネイル白書 2020

『ネイル白書2020』


■体裁:A4 サイズ、164 頁
■定価:本体 60,000 円+税
■制作:総務委員会 ネイルマーケットリサーチ プロジェクト
■調査協力機関:株式会社富士経済
■2020年1月発刊
■発行:NPO法人 日本ネイリスト協会

●ネイル白書ではネイルマーケットを、「ネイルサービス市場」「ネイル製品市場」「ネイル教育市場」に分けて調査、分析しています。

■コンテンツ
ネイル市場規模総論:ネイル市場全体の動向/市場規模の推移/各市場別の推移/ネイルサービス施設数と売上の推移/ネイル産業の就業者数
ネイル市場規模各論:ネイルサービス市場/ネイルサロンの経営実態/ネイル製品市場/ネイル教育市場/消費者/ネイリスト
資料編:アメリカのネイルビジネス事情/理容業・美容業の資料 他

購入希望の方は下記までメールにてご連絡ください。
※JNA会員の方は会員価格が適用されます。

「ネイル白書2020」最新ネイル市場 調査結果 概要

2008、2010、2012、2014、2016年に続き、6回目の発刊。ネイル事業を展開するメーカー/ディーラー(卸業者)/スクール/ネイルサロン/ヘアサロンといった様々な企業に対するアンケート及びヒアリングに加えて、消費者の意識についての調査などを実施した。

●市場規模の推移
2015年以降のネイル産業市場は前年比1%前後の増加を続けており、2018年の推計で 2,296億円となっている。2019年には2,321億円となる見込み、2020年には2,344億円と予測している。ネイルサービス市場は2005年の427.5億円から2015年には1,655億円へと急成長し、ネイル市場の成長をけん引してきたが、2015年以降の増加は緩やかで2018年で1,716億円となっている。消費者向けネイル製品市場は減少傾向が続いて、2015年には485億円と500億円を下回っていたが、徐々に増加に転じ、2018年には506億円となっている。

<ネイル産業の市場規模推移>
ネイル産業の市場規模推移
(備考)市場推移は株式会社富士経済の調査による。

詳細なデータは『ネイル白書2020』でご確認ください。