MENU

CLOSE

ネイルトレンド

JNA NAIL TREND

トレンドプロジェクトメンバー&トレンドデザイナー

JNA NAIL TREND
「東京から世界へ」
~JNAがネイルトレンドを発信~

JNAでは年2回、最新のネイルトレンドを発信しています。
JNAメンバーに各界で活躍する有識者を迎えて構成されたJNAトレンドプロジェクトが、
世界的なファッションの潮流を捉え、最新のネイルトレンドのテーマを設定。
JNAトレンドデザイナーたちがテーマに基づいてトレンド作品を創造しています。
そのテーマと作品を、協会イベントでのステージデモンストレーション、プレスリリース、
協会会報誌、ホームページやSNSなどのメディアを通じて社会にアピールするとともに、
東京発のネイルを、世界へ広くアピールしていきます。

NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)トレンドプロジェクト

  • 木下美穂里【プロジェクト長】
    木下美穂里
    (クリエイティブディレクター)

  • 藤原洋二【プロジェクトメンバー】
    藤原洋二

  • 水野義夫【プロジェクトメンバー】
    水野義夫

  • 金子実由喜【プロジェクトメンバー】
    金子実由喜

  • 北村智恵【プロジェクトメンバー】
    北村智恵

  • 松浦正広【プロジェクトメンバー】
    松浦正広

  • 伊藤朋子【プロジェクトメンバー】
    伊藤朋子

  • 池谷真理子【プロジェクトメンバー】
    池谷真理子

外部有識者

山田五郎

山田五郎
(美術評論家/コラムニスト)

1958年 東京都生まれ。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。卒業後、㈱講談社に入社『Hot - Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。現在は時計、ファッション、西洋美術、街づくり、など幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。

SAKURA

SAKURA
(モデル/ビューティジャーナリスト)

国内・海外でファッションモデルとして活躍。現在はモデル・ビューティジャーナリストとして、新聞・イベント・講演・テレビ・ラジオなど、幅広いメディアにて、独自の視点で美の情報を発信。甲南女子大学の非常勤講師歴8年目。

麻生 綾

麻生 綾
(ビューティ・ディレクター/美容編集者)

婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社以来、美容ページを20年以上担当。また『25ans』『婦人画報』、『VOGUE JAPAN』各誌で副編集長を務める。2014年1月より日経BP社の新ビューティ誌『etRouge』編集長。

村上 千砂

村上 千砂
(マーケテイング・プランナー/エディター)

リクルートセンター(現リクルートホールディングス)にて、「とらばーゆ」「Bing」等の編集業務に携わり、その後フリーの編集者として新雑誌の創刊や海外取材を得意とする。企画編集を軸とした(株)プランネットを設立。2004年(株)TNC設立、2007年(株)村上企画事務所設立。

2017年第4期トレンドデザイナー

  • 黒崎 えり子黒崎 えり子
  • 岩井 智栄岩井 智栄
  • 井筒 貴子井筒 貴子
  • 国松 美恵国松 美恵
  • 長谷川 園子長谷川 園子
  • なかやま ちえこなかやま ちえこ
  • 長谷 真弓長谷 真弓
  • 小笠原 弥生小笠原 弥生
  • 有本 幸代有本 幸代
  • 野尻 早苗野尻 早苗

2016年第3期トレンドデザイナー

  • 黒崎えり子黒崎えり子
  • 岩井智栄岩井智栄
  • 井筒貴子井筒貴子
  • 長谷川園子長谷川園子
  • なかやまちえこなかやま
    ちえこ
  • 国松美恵国松美恵
  • 長谷真弓長谷真弓
  • 小笠原弥生小笠原弥生
  • 野尻早苗野尻早苗
  • 出井由美出井由美

2014-2015年第2期トレンドデザイナー

  • 黒崎えり子黒崎えり子
  • 岩井智栄岩井智栄
  • なかやまちえこなかやま
    ちえこ
  • 井筒貴子井筒貴子
  • 伊藤弦樹伊藤弦樹
  • 長谷川園子長谷川園子
  • 長谷真弓長谷真弓
  • 国松美恵国松美恵
  • 野尻早苗野尻早苗
  • 小笠原弥生小笠原弥生

2014年第1期トレンドデザイナー

  • 黒崎えり子黒崎えり子
  • なかやまちえこなかやまちえこ
  • 岩井智栄岩井智栄
  • 井筒貴子井筒貴子
  • 西沢希充子西沢希充子
  • 長谷真弓長谷真弓
  • 野尻早苗野尻早苗
  • 桑原菜々子桑原菜々子
  • 山本美樹山本美樹
  • 長谷川園子長谷川園子

TREND DESIGNER TEAM のミッションは、JNA トレンドプロジェクトにて年2回設定されるテーマに基づいて、チームにて新たなデザイン環境・傾向を創造し、作品として具現化したうえで、協会イベントでのステージデモンストレーション、プレスリリース、協会会報誌、ホームページやSNSなどのメディアを通じて社会にアピールするとともに、日本のネイル産業が技術者集団主導であることを世界に認知させることである。