会報誌Natiful

【Vol.64】スペシャルインタビュー・深田恭子さん

Special Interview

深田恭子さん:ネイルは私にとって すごく日常的なもの。 お洋服を着替えるのと 同じ感覚で ネイルも変えたいんです。

女の子の憧れが詰まったようなキュートなスタイルで、 いつも私たちを魅了してくれる深田恭子さん。 「ネイルはコーディネートの一部」と話すとおり、ネイルに寄せる思いも人一倍のようです。 2006年のネイルクイーン(女優部門)にも選ばれた深田さんに、 ネイルやファッションへのこだわりを伺いました。

今日のネイルのテーマは?

ドレスに合わせて、モノトーンのフラットアートに。ネイリストさんには、いつも「お洋服と一緒のイメージに」とお願いしてるんです。薬指のリボンとレースもポイントです。

今までで、一番印象に残っているネイルはどんなもの?

前に、ファンクラブの会報の撮影で、アンパンマンに出てくる「ケーキちゃん」というキャラクターの恰好をしたんです。頭の上にショートケーキが乗ったお姫様のキャラなんですけど。その時にしてもらった、3Dで作ったショートケーキのネイルがすっごく可愛かった! ホールのケーキと、カットされたケーキの形があって、ちゃんとイチゴも乗ってて。

ネイルはどのくらいの頻度で変える?

撮影が入っている日は、1日に何度も変えることもあります。いつも現場でしていただくので、ネイルサロンにいくことは少ないかも。お洋服を着替えるのと同じ感覚でネイルも変えたいと思ってるので、ネイルは私にとってすごく日常的なものですね。地爪だけのときはほとんどないくらい。

どんなタイプのネイルが好き?

フランス王家でも使われている百合の紋章モチーフが大好き。エアブラシで仕上げるのが好みです。お仕事でいろんなネイルをしていますが、逆にシンプルなものはあまりやっていないかも。

お洋服もアクセサリーもネイルもトータルでコーディネートして楽しんでいますよ。自分のネイルが一番かわいい!

好きなネイルの色は?

”ガチャピンカラー“(笑)。黄緑や黄色、薄めのピンク、水色とか。”幼稚園っぽい色“というのかなあ……。5色くらいを使って、指によって変えたりしています。最近では、ネイルに合わせて、指輪やイヤリングも特注で作ってもらうことが多いですね。ネイルクイーンの授賞式でも、ピンクのバラモチーフのネイルと髪飾りを作っていただきました。お洋服もアクセサリーもネイルも、トータルでコーディネートして楽しんでます。

深田恭子:プロフィール写真

Profile : 深田恭子さん
1982年、東京都出身。1996年、第21回
タレント・スカウトキャラバングランプリ受賞を受賞し、芸能界入り。第59回毎日映画コンクール(女優主演賞)
第26回ヨコハマ映画祭
(主演女優賞)
第28回日本アカデミー賞(優秀主演女優賞)
第14回東京スポーツ映画大賞(主演女優賞)
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005
(マックスファクタービューティースピリット賞)
第18回DVD&ビデオでーた大賞
(ベストタレント賞)

現在は毎週日曜23:15~23:45、フジテレビ系
「新堂本兄弟」にレギュラー出演中。
主演ドラマ「私の頭の中の消しゴム」(NTV系)が3月13日火曜日21:30~O.A予定。

手先は器用なほう?

けっこう何でもできるほうだと思うんですけど(笑)。でも、携帯電話やパソコンのデコレーションで、一つひとつストーン乗せていくのとかは絶対無理! 

ネイリストさんに求めることは?

技術の高さはもちろんですけど、人柄も重要ですね。長い間一緒にいて肌を触られるので、その人と合わないと難しいかも。海外のネイルサロンもいったことがあるけど、日本のネイリストさんはみなさんすごく丁寧で、優しく扱ってくれますね。

爪や手のケアはどうしてる?

撮影でいつもネイリストさんと一緒にいるので、自分ではほとんど何もしてないですね。いつも同じ方にお願いしているので、安心してお任せしています。

春になったらしてみたいネイル&ファッションは?

桜モチーフのネイルとか、春っぽくていいですよね。カラフルな色づかいが好きなので、お洋服もカラフルなものが着たいなと思ってます。

プライベートではどんなファッションが好き?

キャラクターTシャツが大好き。大人になったら着られなくなるので、「今のうちに着ておこうかな」と思って(笑)。 1年中だいたい同じような服を着ています。ハイソックス履いて、下はミニスカートか短パン、上はTシャツとパーカー、靴はラバーソール。カジュアルな感じですね。流行より自分が着たいものを着ることが大切なので、その時の流行が好きなものと違うと、買いものに行ってもあんまり楽しくないんです。

気分転換やリラックス法は?

おうちがすっごくメルヘンなインテリアなんですよ。部屋全体は濃い目のショッキングピンク。家具もヨーロピアンな感じで、まさに”ベルサイユ“って感じ。なので、家に帰っただけでも気分転換になるんです。

お休みがあったら何をする?

ドラマの撮影がないときはわりとゆとりがあるので、友だちとごはんを食べに行ったりして、あちこちに出かけてます。あんまり一人でいたくないんです(笑)。

健康維持のためにしていることは?

食生活には気を使ってます。野菜をたくさん取っているし、魚も好きなのでバランスはいいと思います。すっごく元気で、あんまり体調を崩したりもしません。たまに熱を出したりしても、それくらいがちょうどいいんじゃないかって(笑)。元気すぎて、なかなか寝られないぐらい。本当はあまり寝なくても平気なんですけど、健康のためにはなるべく睡眠時間を取るように心がけています。

昨年の出来事でいちばん心に残っているのは?

ネイルクイーンをいただけたことはすごく嬉しかったです。会場の雰囲気も華かで素敵でしたね。大きく報道されていたので、周りの人にも「見たよ!」とよく声をかけていただきました。

ネイリストになってみたいと思ったことは?

スカルプとかエアブラシの作業は「楽しそうだな」と思うんですけど、削るのは苦手かも……(笑)。絵を描いたり、エアをふわーっとかけたり、ストーン乗せたり、そういう華やかな部分に憧れている人も多そうですよね。でも実際は、ファイリングみたいな地道な作業が大切だし、根気強くないといけないんだろうな、っていつも思います。